トップに戻る

温泉配管洗浄・スケール防止・浴室清掃などの設備メンテナンスから、レジオネラ菌対策などの衛生管理、 ろ過機、タンク、浴槽等の設備機器の販売設置など

スパテック信州 温泉管理技術のエキスパート TEL:0263-77-8391 お問い合わせ
 

温泉貯湯タンクの洗浄例

 
スケールと温泉設備
温泉メンテナンス薬剤
温泉設備の販売、設計・施工
スパテック信州
 
お問い合わせについて
TEL 0263-31-6909
FAX  0263-31-6909
営業時間 9:00~18:00
定休日 土、日、祝日
温泉設備の事なら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせは送信フォームよりお願い致します。
 

温泉貯湯タンク洗浄例

温泉貯湯タンクは一番スケールが付きやすい場所です。
温泉は地中深くでは酸素がほとんどないため酸化還元電位(ORP)はとても低い状態です。その状態では、溶存する鉄やマンガンなどの金属イオンは還元状態で存在します。しかし、温泉はいったん汲み上げられると貯湯タンク内で酸素と触れて、鉄などは直ちに酸化されて茶褐色の不溶性コロイドとなって沈殿し、そこにカルシウム成分などが沈着してスケール化してゆきます。

スケールは貯湯タンク内で生まれ、同時に、温泉は老化してゆきます。
貯湯タンク内へのスケール沈着を防止することで、その後の循環系や配管系へのスケール沈着を大幅に減少させることが可能です。そのために、SPATEC™は、各種の泉質に合わせたスケール防止剤を用意しております。

貯湯タンクに入る前に、汲み上げられた温泉にスケール防止剤を添加することで
劇的に全回路のスケールを減少させることができます。
しかし、それでも長期間の使用ではタンク内壁にスケールが徐々に沈着しますので、定期的なスケール洗浄が必要です。
 
KS-1000とスケルトル・Fを用いた 施工例
強塩化物泉の貯湯タンクの洗浄例です.この場合は特にスケールが付きやすく、強固なスケールにもKS-1000により効果的なスケール除去ができます。
洗浄前   KS-1000による洗浄後
洗浄前   KS-1000による洗浄後
貯湯槽のフタから内部を見た様子、洗浄で完全にスケールが除去出来ています。
洗浄前   スケルトル・Fによる洗浄後
洗浄前   スケルトル・Fによる洗浄後
浴槽への送泉口にはスケルトル・Fを用いて注入洗浄した結果。
洗浄前   KS-1000による洗浄後
洗浄前   KS-1000による洗浄後
貯湯槽内部の様子,内壁下部の強固なスケール層も完全に除去出来ています。