トップに戻る

温泉配管洗浄・スケール防止・浴室清掃などの設備メンテナンスから、レジオネラ菌対策などの衛生管理、 ろ過機、タンク、浴槽等の設備機器の販売設置など

スパテック信州 温泉管理技術のエキスパート TEL:0263-77-8391 お問い合わせ
 

ろ過剤交換施工例

 
スケールと温泉設備
温泉メンテナンス薬剤
温泉設備の販売、設計・施工
スパテック信州
 
お問い合わせについて
TEL 0263-31-6909
FAX  0263-31-6909
営業時間 9:00~18:00
定休日 土、日、祝日
温泉設備の事なら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。メールでのお問い合わせは送信フォームよりお願い致します。
 
 

内部の錆びたタンクのろ過材交換例

鋼鉄製やステンレス製のろ過機は、次亜塩素酸ナトリウムの酸化作用でサビが発生します。
ステンレス製ろ過機でも長期間の使用ではサビが生じるため、一定の期間後には、ろ過器内壁の再塗装や部品交換をする必要があります。内部の保守はろ過材交換と同時に行うことが出来ます。
 
ろ過機の蓋を開いた状態   ろ過材を取り除いたろ過タンク内部
ろ過機の蓋を開いた状態(左)  ろ過材を取り除いたろ過タンク内部(右)
ろ過機の各部(蓋、パイプ、ろ過タンク内壁)にかなりサビが進行している。
さび止め塗装後ウレタン樹脂塗装   支持砂利を積層
サビの進行した鋼鉄部分はケレンとサビ取り剤でサビを落しさび止め塗装後ウレタン樹脂塗装を施した状態。(左)  集水ノズル(乳頭状、壊れやすい)が隠れるまで、支持砂利(大粒)をそっと均等に積層します。(右)
支持砂利(中粒)   支持砂利(小粒)
続いて支持砂利(中粒)を入れます(左)。さらに支持砂利(小粒)を入れ、その上にろ過砂(荒)を積層します。
細いろ過砂(シリカサンド)    
最後に細いろ過砂(シリカサンド)を入れろ過材の交換が完了します。

ろ過材の種類は、温泉の泉質によって最適なものを選ぶ必要があります。
ろ過材の選択は、ろ過材のページをご覧下さい。